ロック機能がきかない?乳幼児のやけど事故とウォーターサーバー

乳幼児がいる家庭にウォーターサーバーは必要か?という問いに白か黒をつけるならなくても問題はないです。なぜ乳幼児とウォーターサーバー関連の話がところどころで語られるのかは単純でウォーターサーバーがあると便利だから。なにに便利か一番わかりやすいのは粉ミルクですよね。粉ミルクをつくる温度にウォーターサーバーのお湯を適温にするのが楽なのです。一度使った新米ママの口コミを見てもらうとわかりますがめっちゃ便利だし、自分が飲む水としても最高。白湯を飲むのに最適だわ。という口コミがたくさんあります。

犬猫ミネラルウォーターが危険とかおすすめとか振り回されすぎ問題に終止符を打つ!でも書いているミネラルの面で乳幼児には大丈夫なの?という情報もよくみかけますが、これも無駄に考える必要はない事項だと思います。軟水なら安全です。

なんでいちいちこんな題材で筆をとっているかって?私が思うに乳幼児とウォーターサーバーを語る上で議論するのはそこじゃないと思う訳ですよ。

件数は少ないが事故として起きているイタズラによるウォーターサーバーのやけど

そうです。やけどです。先日もウォーターサーバーで残念ながらやけどの事故が起こってしまいました。年間の件数でいうと一桁です。決して多くは無いのですがウォーターサーバーはチャイルドロックもついているから安全だという感覚がどうしてもあるので、危険な物であることを考えず私たちは利用をしてしまっています。

大人であればお湯が出ると認識しているので問題はありません。

やけど事故の件数が少ないため事故に起きた人にとってはまさかウォーターサーバーで!!!?となるのだと思います。

乳幼児からすると、ウォーターサーバーのお湯が出るコック部分は興味深いのでしょう。よくツイッタなどでも、あの部分をいじっている乳幼児の写真を笑いながらいじってるーという若い奥さんを見かけますが、注意しようかいつも迷います。要は危険ではないという認識なんですよね。そこだけが問題だと私は思っていて、先日のリコール情報は認識していない方にとっては薬としては良い情報になったのではないかと思います。

事故を防ぐにはまず親の注意力が非常に重要だと思います。よく、目を離してしまった親の責任だと責任問題を問われますが、それもちょっと言いすぎな気がするので最低限は意識をしておくことが大事。お湯のコックを握って遊ぶことは危ないことというのを認識する。そしてできれば幼児の手が届かない工夫をする。この2点が大事なのではないでしょうか。

幼児でなくても小学生くらいのお子さんにも危険であることをしっかりと教え込んだほうが良いと思います。小学生になれば間違いなく知能もあがりますし、チャイルドロックなんてロックとして機能しませんしね。やっかいなのはそれなのに遊び心があると言いますか。あとは、男の子だと幼稚園児くらいだと暴れまわる年頃だと思うので、ウォーターサーバーの転倒防止ワイヤーなどを壁にきちんとつけておくなど当たり前の対策はしておくべきだと思います。

事故の種類として、ウォーターサーバーの転倒も報告がありますので。